(有)エコ・ライスでは、お米の可能性を探る活動の一環として、社内で随時様々な料理を試作調理しています。当社商品(主にお米、ならびにアルファ米など)やお米を原材料とするものを使い、新潟の郷土料理、世界各国の料理などのレシピを皆様にご紹介していきたいと思います。

消費期限切れの近づいたアルファ米の大量消費などにもお役立て下さい。そして、非常食として使わずに済んだ幸せとともに召し上がって頂けると幸いです。

はちみつごはん

「はちみつごはん!?」と言っても、あま〜いご飯ではありません。少量の蜂蜜を入れることで、古くなったご飯が美味しく炊けたり、いつものご飯も保水性のある蜂蜜のおかげでふっくら炊けるんです。

今後、当社でも新潟産の蜂蜜を取り扱うことから、こんなご提案をしてみました。

是非お試しを。(入れすぎると蜂蜜の香りたつご飯になるのでご注意を!実は当社試作でも・・・)

【材料】
米(2.5合)
はちみつ(小さじ1程度)

【作り方】


1.米を普通に研ぎ、水の量も通常通り入れる。
2-はちみつ加える
2.炊飯する30分くらい前に、はちみつを入れ、軽く混ぜる。
3-炊き上がり
3.炊飯する。


はちみつを入れると・・・

百花蜜

今回使ったのはこの「百花蜜」

  • 鮮度が落ちてしまった米の旨みを引き出して、おいしいご飯が炊ける。
  • ご飯に含まれるデンプンを糖分に分解するアミラーゼがはちみつにも含まれていて、ご飯の甘さを引き出してくれる。
  • はちみつには保水性があるので、ふっくらと炊き上がる。

 

タグ